いびきにサヨナラMenu
いびきの検査

いびきの検査

いびきを治そうと思うのであれば、いびき外来のある病院を受診しましょう。意外かもしれませんが、歯科医院でもいびきを診察してくれます。


耳鼻科などに行く人もいるでしょうが、やはり専門的に診てくれるいびき外来がオススメです。


それでは、病院で行ういびきの検査とは、どんなものなのでしょうか。

睡眠ポリグラフ

睡眠ポリグラフという検査は、病院に宿泊する必要があります。実際に寝ているときの状態を調べるのですが、自宅と環境が違い、睡眠状態がいつも通りではなくなる可能性もあります。


この検査の目的は、無呼吸や低呼吸の有無、睡眠時無呼吸症候群があればその程度を調べます。


睡眠、呼吸、いびき、体の向きなどの状態を記録して調べていくものです。

睡眠ポリグラフ検査方法

  1. 横になった状態で、頭、目の横、額、アゴに、脳波、眼球電図、筋電図の電極を取り付けて、睡眠の質を調べます。
  2. 睡眠時の息を感じ取るセンサーを口と鼻につけ、お腹と胸には呼吸の状態をみるバンドをします。
  3. 呼吸の状態やいびきの強弱、質などを調べるために、気管音を記録するマイクを首につけます。
  4. 酸素や脈を測るセンサーを指につけます。呼吸が止まると体内の酸素が低下し、脈拍が上昇するという現象があるか調べるためです。
  5. 体の向きを感知するセンサーを胸につけます。どのむきで無呼吸が起こるのか、どの向きだと起きづらいのかを調べます。
  6. これは絶対ではありませんが、必要に応じて周期性四肢運動を感知する電極を足につけます。周期性四肢運動は眠りを妨げることがあるからです。

数多くの線でつながれますので窮屈かもしれませんね。検査ということもあり、緊張して眠れないのではないかと懸念される人もいるかもしれませんが、一晩中寝られなくても問題はありません。その中で、1時間でも2時間でも眠ることができれば検査ができます。

簡易検査

簡易検査は入院の必要もなく、自宅で行える方法ですので、普段の生活の中での検査ができます。ただし、睡眠ポリグラフと違い、睡眠の質を調べることができません。


日中眠気がひどい場合は睡眠の質を調べる必要がありますので、できれば睡眠ポリグラフ検査を受けた方がいいでしょう。


簡易検査は治療中にその効果を確認する意味で行う検査としてはとても適しています。

パルスオキシメータ

パルスオキシメータは、麻酔管理や手術中など、様々なシーンで使われていますが、いびき検査の場合は、睡眠時無呼吸症候群のスクーリング診断に使われています。


指先にプローブをつける酸素のセンサーで、無呼吸や低呼吸時の血液の酸素飽和濃度変化を調べるためのもので、無呼吸や低呼吸の有無、回数を正確に知ることができます。肥満していない人では感度が若干劣りますが、とても簡単で手軽にできる検査です。

気管音検査

マイクを頸部につけ、そこからの信号をパソコンでデジタル化し、解析します。


この気管音検査で分かることは、無呼吸・低呼吸のタイプや回数、いびきの強弱、基本周波数、CPAPの作動状況などです。この検査で多くの情報が分かるようになっています。

アプノモニター

パルスオキシメータと気流センサーからなります。自分でも簡単に操作できるので、自宅でもできる検査です。


鼻の穴の近くに鼻呼吸センサーをつけて鼻気流を測定します。喉には気管支センサーをつけて気管音を測定します。


指センサーでは血液の酸素濃度を記録し、検査が終了後、データーをパソコンに送って無呼吸発作の状況や、どれだけ無呼吸の時間が継続していたのかを表示します。