いびきにサヨナラMenu
子供のいびき

子供のいびき

基本的に、子供はいびきをかきません。にもかかわらず、子供がいびきをかくようになったら注意が必要です。『うちの子、大人顔負けのいびきをかくのよ~』なんて笑っている場合ではないのです。


子供はすやすやと寝息をたてて寝るものです。いびきをかくということは、何かしらの原因で気道が狭くなっているのです。


本来活発に動き回る子供が、遊び疲れではなく、日中も眠そうにしていたり、体がだるそうであればいびきが原因の睡眠不足と言うことも考えられます。無呼吸になると酸素は不足し、発達にも影響してきます。


こどもがいびきをかくようになったら、どんないびきなのか、無呼吸の症状はないかなど、しっかりと観察して、総合病院の耳鼻科や小児科を受診しましょう。

原因

子供のいびきが多くみられるのが、3~6歳くらいです。もちろんこの年齢以外でもいびきをかくことはあります。何が原因で子供のいびきにつながるのでしょうか。


脳性マヒや脳炎、髄膜炎の後遺症としてもいびきをかく場合があります。

扁桃腺肥大

一番多い原因として、扁桃腺の肥大が挙げられます。扁桃腺肥大は、赤ちゃんから学童期の子供に多く見られ、珍しいものではないかもしれませんが、扁桃腺肥大になると物が食べづらくなるので、水分を多く摂るようになります。


これが原因で偏食になったり、食が細くなってしまう場合があります。


これに加えていびきをかくようになると、空気の取り込みまで悪くなり、酸素が不足した状態になります。いびきで熟睡できないということは、成長ホルモンの分泌も悪くなってしまうということです。

鼻の疾患

扁桃腺肥大と並んで子供のいびきの原因に多いのが鼻の疾患です。まだ発達途中の気道に、アレルギー性鼻炎や副鼻腔炎などがあると、口呼吸することになりますので、いびきの原因になります。


エアコンやカーペットなどが、アレルギーの原因となるハウスダストやダニを増やしてしまいます。機密性のある住宅が増えたのも原因の一つでしょう。できるだけハウスダストやダニを増やさないために、換気をよくして掃除もこまめに行わなければいけません。

症状

下アゴが後ろに下がっていたり小さい人は、舌を支えている範囲も狭いために、仰向けに寝ると舌が喉の奥に落ち込んでしまいます。気道が狭くなってしまうために、いびきが起こります。

育ち盛りの子供が、いびきによる睡眠不足でいると、身長や体重が伸びない、増えない、虚弱体質になったり、運動能力にも影響が出てきます。いびきがひどくなってくると、心臓にも負担がかかります。


大人と違い、子供には体力がありません。子供に睡眠時無呼吸症候群の症状がある場合、呼吸困難が原因で突然死に至る場合もあるのです。


体の発達にも関わることですので、軽く考えず、子供が急にいびきをかくようになったら、習慣的にいびきをかいているのか、一時的なものなのか、大人である大人が観察してあげなければいけません。

注意してみる症状

子供のいびきは大人が観察してあげなければいけません。睡眠中にいびきをかいているかどうかの確認はもちろんのこと、無呼吸になっていないか、無呼吸といびきを繰り返していないか、口呼吸していないかを観察しましょう。


それ以外にも、寝てから頻繁に目を覚ます、睡眠中に寝汗がひどい、よく寝返りをする、おねしょの癖があるなどです。夜だけではなく、日中も、遊び疲れているわけではないのに居眠りをしたり、眠気で元気がなかったりしないかも観察する必要があるでしょう。


発育の途中でもある子供のいびきは深刻なものとしてとらえ、本来かかない子供がいびきをかいている場合は、何らかの体の変調のサインとして受け止めなければいけません。


特に、子供の睡眠時無呼吸症候群の場合、発育不良や知能低下を招くばかりではなく、取り返しのつかないことになりかねませんので、早期発見・早期治療をしなければいけません。


これは親が気づいてあげるべきことなのです。