いびきにサヨナラMenu
いびきをかきやすい人

いびきをかきやすい人

肥満体型の人がいびきをかきやすいと言うことはもうお分かりですね。でも、肥満でなくてもいびきをかく人は大勢います。


どんな人がいびきをかきやすいのでしょうか。また、いびきをかきやすいときもあるようです。

舌が大きい人

舌が大きいといびきをかきやすくなります。いびきの原因の多くは肥満と言われていますが、痩せている人でも、睡眠時無呼吸症候群の人は大勢います。そんな人の舌を見てみると、大きく肥大していることがあります。


舌が肥大しているために、大きく口を開けても口蓋垂が見えなかったり、見えにくくなっています。いびきをかくようになる前はちゃんと見えていたはずです。


舌が肥大していると、それだけ重みも増していますので、仰向けに寝ることによって重力で舌が気道を塞いでしまい、いびきや無呼吸になってしまいます。

小さいアゴの人

下アゴが後ろに下がっていたり小さい人は、舌を支えている範囲も狭いために、仰向けに寝ると舌が喉の奥に落ち込んでしまいます。気道が狭くなってしまうために、いびきが起こります。

首が短い人

肥満で首周りに脂肪がついてしまい、短く見える人はもちろんのこと、体型は普通でも、首だけ短い人がいます。


首が太いからと言って、それに伴って気道も太いわけではないのです。


首だけが太い人でも、肥満の人同様、気道に脂肪がついて狭くなり、いびきをかきやすくなるのです。この他にも、扁桃腺肥大している人にもいびきが多く、特に子供に多く見られるいびきの原因になります。


口蓋垂の長い人もいびきをかきやすくなります。

いびきをかきやすいとき

口を開けて寝ているときにいびきをかきやすいというのは、すでに何回も取り上げた通りです。


舌が落ち込んで気道を狭くしてしまうためです。また、これも何度も取り上げていますが、疲れているときやストレスがたまっているとき、お酒や睡眠薬の影響も関係あります。


疲れているときにいびきをかきやすくなるのは、体が無意識に多くの酸素を取り入れようと、大きく口で呼吸してしまいがちです。このときに軟口蓋が激しい振動を起こすためにいびきにつながるのです。


ストレスがたまるといびきをかく場合は、ストレスは自律神経に影響し、粘膜が乾いたり充血したりします。気道がこれらの影響を受けていびきが出やすくなるのです。お酒を飲んだあと、睡眠薬を飲んだときにもかきやすいですね。思い当たるふしはありませんか?


お酒や睡眠薬を飲むと筋肉が弛緩します。こうして気道が狭くなるのに加え、より多くの酸素を取り入れようと、口で呼吸をしがちになります。こうしたことから、一時的ではあってもいびきをかきやすくなります。

手をあげて寝る

寝ているとき、両手を上にあげていませんか?この体勢は、首が圧迫されるために気道が塞がれてしまいます。


手をあげる癖がなくても、高すぎる枕、横になったときに腰が沈みすぎる寝具などでも同じ減少が起きるので、いびきが出やすくなります。

加齢

若いときはいびきとは無縁だったのに、年をとってからいびきをかくようになった人もいるでしょう。


これは加齢とともに筋肉が緩んでくるため、喉の奥の筋力も弱まってしまうのです。上気道筋の働きが弱くなることによって、いびきをかきやすくなるのです。


これは老化現象の一つともいえますので、仕方がないことかもしれません。

鼻筋が曲がっている人

鼻筋が真っ直ぐではない人、だんごっ鼻の人は、喉でかくいびきではなく、鼻でいびきをかきやすくなります。


これは鼻翼が振動するためです。